バーチャルユーチューバー

VTuberの切り抜き動画文化って歪だなって思う

投稿日:

VTuber、なかでもライブ配信中心のVTuberには「切り抜き動画」っていう文化があるじゃないですか。
ファンがライブ配信の一部を切り抜いてtwitterとかニコニコ動画とかYouTubeとかにアップロードするやつ。

歪んでんなぁ、って思うんですよね。

そもそもの話、切り抜き動画が必要とされる背景として、「ライブ配信は長い」っていう問題(?)があるわけですよ。
だから後から追いかける人とか、良いところだけ見たい人とかにとって切り抜き動画は便利。新規ファン獲得にも役立つし。良いことづくめ。

じゃあなんでそもそも長々とライブ配信してんだっけ?っていうとですね、これ、ライブ配信は楽だからに尽きると思うんですよ。
例えばゲーム実況するとして、ライブ配信なら、ゲームプレイする姿を延々流せばそれでコンテンツが完成するですよね。
仮に編集動画を作ろうとすると、撮れ高を上げて、見どころを抜き出して、編集して、テロップつけて、っていう作業が必要になる。
すごい時間かかるし、完成品はゲームプレイ時間の半分にもならない長さになるでしょう。もったいないよね。
だからゲーム実況者はこぞってライブ配信する。仮にゲームに撮れ高がなくたって視聴者のコメントとやり取りしておけば視聴者も喜ぶし。
撮れ高があれば後で編集して切り抜き動画を作ればいいし。ファンが

そう、ファンが作るんだよね。切り抜き動画。
見どころを抜き出して、編集して、テロップつけて、っていう、一番メンドくさいところをファンのボランティアに丸投げ。
ボランティアなんだよなぁ。だって他人の配信動画には著作権があるから、切り抜き動画で収益上げたら著作者に訴えられる可能性があるもの。
だから正常なファンは切り抜き動画で収益を上げない。完全ボランティア。
もちろん、著作者がイヤと言ったら非収益でも削除される可能性もある。

動画編集という一番面倒臭い作業をファンに丸投げしておいて都合の悪い動画は著作者権限で削除できる。
もちろん、それが著作権ってやつなので、そのこと自体は何も悪くないんですけど。

べき論で言えば、切り抜き動画って公式が作るべきなんじゃないの?
もちろん作っているファンは好きで作ってるんだろうし、配信者が喜ぶならそれで満足だと思うんだけど。
本来配信者、あるいは所属企業が果たすべき業務をファンに丸投げしてない?
「良い切り抜き動画は喜びます、悪い切り抜き動画は削除要請を出します、良い切り抜き動画を無償で作ってください」っていうのは、ファンに甘えすぎじゃない?
「切り抜き動画は基本禁止です、公式側で作ります」っていうのが正しい姿ではないの?

と、思ったけど、誰が困るわけでもないので、だからどうしたっていうお話です。
一部配信者は自分で切り抜き動画作っているので偉いなぁ、って思っています。

-バーチャルユーチューバー

執筆者:


  1. 匿名 より:

    にじさんじは公式で切り抜きあげるようになったよね

  2. 昭和おじさん より:

    スポーツニュースも大体は切り抜きで本編全部流すニュースなんて見たことないけどそれも興業主側が編集済みの動画作れってこと?
    斬新な意見で令和になったんだなあと実感した

  3. 匿名 より:

    ファンとしては好きだからやってるわけで、お手軽な同人活動みたいなものなのかなと思っている。

  4. 匿名 より:

    確かに歪だと思うがそれ自体が公式最強を前提とした古い考え方かもしれない
    ネットで情報量増えた現代じゃ公式の資本から出せる弾丸の数じゃバズ打ち当てるのなんかほぼ不可能
    Vの話じゃないけどそういう正しさでやってきたコンテンツが非公式にバズを当ててもらったコンテンツに負けてきた歴史もたぶんある

    ただこの歪さも一時的なもので報酬系に関しては(良心次第では)是正される可能性もある気はする
    バズった切り抜きには成功報酬とか出るようになって欲しい

  5. 匿名 より:

    だいぶ画期的だと思うけど
    果たすべき業務をリスナーにしてもらうことでファンと共に創り上げるという一体感が両者に生まれるし根底として好きで作ってるから無償って部分に不服はないと思う
    著作権の問題はにじさんじが所有してるものであれば大体許されてるし
    グレーな話切り抜きを収益して稼いでてもなんも言われない人いっぱいいるからだだっぴらに稼いでるって言わない限りは大丈夫じゃないのかな

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

永い後日譚の萌えみのり

トップ画像に深い意味はないです。 先日記事にした萌えみのりが、SHOWROOMイベントで無事に一位になりまして。 このブログを読んで下さった皆さん、SHOWROOMを見に行ってくださった皆さん、本当に …

no image

2019年、VTuberについて思うこと

2017年~2018年の年末年始にVTuberという存在がブレイクして、どういうわけか一年間も流行が続いている。俺はと言えばこのサイトでも岩本町芸能社やキズナアイちゃんについて度々取り上げていて、Tw …

no image

キズナアイの1stライブ “hello, world” がすごくすごかった

まえおき 新年あけましておめでとうございます。 2018年はいろいろなVTuberが生まれ、育った年でしたね。 一年前の年末年始、単なる一過性の流行で終わるかと思われたVTuberは立派に文化の一つと …

no image

スマホVRライブプラットフォームINSPIXの感想

2019年4月26日、株式会社イグニスの系列であるパルス株式会社が提供するバーチャルライブプラットフォーム「INSPIX」のテストライブが行われました。ステージに上がったのは岩本町芸能社の「えのぐ」で …

no image

猫宮ひなたちゃんはVTuber四天王になるのか問題

猫 宮ひなたちゃんのYoutubeチャンネル登録者数が、ねこますさんを超えました。 こうなると、バーチャルユーチューバー四天王の末席が交代するのではないか、という問題が湧き上がってきます。 ど うでも …