バーチャルユーチューバー

スマホVRライブプラットフォームINSPIXの感想

投稿日:

2019年4月26日、株式会社イグニスの系列であるパルス株式会社が提供するバーチャルライブプラットフォーム「INSPIX」のテストライブが行われました。ステージに上がったのは岩本町芸能社の「えのぐ」です。この体験と感想を書き記しておこうと思います。

INSPIXの立ち位置

そもそも2019年現在、バーチャルライブというのは浸透したともしてないとも言えない微妙な立ち位置にあります。
2018年のVTuberブームに乗って目覚ましい発展を遂げるVRキャラクター業界において、誰もが構想するのがバーチャルライブです。

既に稼働中のライブプラットフォームとして、

とあり、ここにスマホVRとしてINSPIXが参加する形になる、ということです。

実際の風景

自分ではキャプチャをしわすれたので、他の人がツイートしているのを貼ります。

感想

わりとがんばったな」というのが素直な感想です。

事前に考えていた評価軸としてこういうのがあったんですよ。

で、これらの軸に関しては十分に合格点を出せる内容だったかと思います。
ネットワーク上の問題は一切起きませんでしたし、グラフィックもスマホで見る分には十分に綺麗でした。また、特に処理落ちもなく、顔を振っても画面はきちんと追従していました。

他のアプリの通知と被った時に数フレームぐらいガタついたり、顔を振ったときにブラー効果みたいな見え方をしてしまうところはありましたが、まぁ、スマホ側の性能の問題でしょう。

ただ、やはりこれは「スマホ品質だから」というハードルで評価したときの感想だったかと思います。高性能なグラフィックボードを持つPCであれば、もっと豪華な映像が見られたんだろうな、と思います。

なまじ自分も技術職なので、用意された環境で実現できることとできないことの区別が付いてしまい、「スマホでできるレベルとしては十分すごい」というなんだか理性的な感想になってしまいました。

例えば超絶美麗な映画レベルの3DCGが見られるとは、そもそも思っていないんです。
観客席にユーザー一人ひとりが判別可能な状態で並んでいるとか、立ったり座ったり顔を横にずらしたりすると画面がそれに追従するとか、技術的に不可能なんです。

そういった技術的にムリなことがわかっている部分を除けば、とてもよくできていたと思います。

今後INSPIXはどうなるのかな

スマホVRライブというのは非常に広い市場を持っていると思います。

いくらVRが流行る流行ると言っても誰しもがVRデバイスを持っているわけではなく、いま他のVRライブプラットフォームを楽しんでいるのは一部のヘビーユーザーに限られています。
そんな中、INSPIXはスマホがあれば誰でも参加できるわけで、潜在的な需要は十分にあるでしょう。

一方で、さぁこのコンテンツにお値段を付けてくれ、と言われて、ライブ一回にいくら金を払えるのか、というと、個人的には1,000円ぐらいが妥当かな、と思います。
これは、「映画館で映画を見るときの値段」と、「スマホで映画レンタルして見るときの値段」を考えると分かりやすいでしょう。それなりにリッチには見えましたが、しかしこれでフルプライスは出せない。

環境がチープな中でいかに体験をリッチに見せるか、という部分に注力してほしいですし、
せっかくの広い市場を逃さないよう、強力なタイアップを引っ張ってきてほしいです。
もちろん、えのぐのライブもINSPIXを利用した形態で継続していってほしいと思います。

-バーチャルユーチューバー

執筆者:

関連記事

no image

2021年、VTuberはもうよくわからん

2019年、2020年と、年初にVTuber所感を書いてきたので今年も書きたいと思います。 2020年、あらゆる業界がそうだったように、VTuberにもコロナ禍が降りかかりました。 開催されるはずだっ …

no image

コラボカフェとコメントと私

こんにちは!バーチャルYoutuber大好きぎんしゃりさんです! きょう、以前書いたキズナアイコラボカフェの記事にコメントが来たのでご紹介して、それに関わるお話をしていきますね。 元記事の要約 前回の …

no image

2019年、VTuberについて思うこと

2017年~2018年の年末年始にVTuberという存在がブレイクして、どういうわけか一年間も流行が続いている。俺はと言えばこのサイトでも岩本町芸能社やキズナアイちゃんについて度々取り上げていて、Tw …

no image

キズナアイ氏のコラボカフェに見るバーチャルユーチューバー業界の危機感

もくじ1 まえおき2 思ってた通りだけど思ってた光景じゃない3 すべての流れ4 バーチャルユーチューバーはブームになっていないのではないか説5 おわりに まえおき 2018年5月29日(火)から6月2 …

no image

2021年6月、VTuberの切り抜き動画はどこまで公認されているか

はじめに VTuberの切り抜き動画文化はますますの広がりを見せ、「配信は見ていないけど切り抜きで追ってる」という視聴者も増えてきました。 「動画の切り抜き」というのは著作権的にグレーゾーンで、許され …