バーチャルユーチューバー

2022年のVTuberは、業界から属性になると思う

投稿日:

去年に引き続き、年始なのでVTuberの雑感を書いていきます。もう四年目ですね。

2021年のVTuberは正直言ってあまり特筆すべきイベントがなかった気がします。
コロナ禍の中で必死にもがいていたという見方もできますが、2020年と大差なく、業界が揺れ動く転換点らしきものはないと思います。
キズナアイの活動休止宣言以外は。

2021年は大手・古参VTuberの活動休止や引退が相次いだ年でした。
その理由や内情については詳しく知るものではありませんが、「就職や結婚などの人生の転換点が来たから」とか、「もともと何年間でやめるつもりだったから」とか、そういった理由を語る引退者も数多くいました。
特に.LIVE勢から5人の引退者が出たときに「契約期間満了により卒業」という発表がなされたのは印象的でした。
長く続けているVTuber、特に企業所属者にとっては、そろそろ「VTuberという仕事をどう円満に終えるか」を考え始める時期が来ているのかな、と思います。

一方で全体を俯瞰して見てみると、クラスタ化が加速して、それぞれの配信者が小さくまとまった活動をするようになった気がします。
もともと箱外コラボをほぼ行わないホロライブや、ホロほどではないにせよ箱内でまとまっているにじさんじが筆頭ですが、それより下の中小規模のグループも、コラボ配信の「いつメン」が固定されてきたように見えます。
そんな中でリアル配信者を交えた宇宙人狼(Among Us)配信、なんてものもよく見かけました。
だんだんとVTuberが「ブーム」から「そこにあるもの」へと変わっていく姿を見せた2021年だったと思います。

さて2022年ですが、もはやVTuberが一つの業界として捉えられる時期が過ぎ、単に「配信者」が持つ属性の一つになるんじゃないかな、と思います。
それは、リアル配信者とバーチャル配信者の垣根がどんどん無くなっていくということです。
また、以前からリアルの人間がアバターを手に入れてVTuberデビューする例はいくつかありますが、それが相互に加速し、VTuberがリアルを晒す例も出てくると思っています。
例えば自宅配信はアバターを使ってVTuberとして配信し、外出時はリアルの姿を普通に見せる、というようなスタイルはもう出ていておかしくないはずです。

また、残念ですが中小規模の企業系VTuberは数多くが解散・卒業し、「既に採算の取れている大手企業勢」と「趣味で活動する個人勢」に二極化することになるかな、という予想もあります。
これも上の流れをふまえて、もはやVTuberが増えすぎて希薄しすぎていて大きな成長が望めない、「今つらくても頑張れば伸びる」という希望がもはや無い時代が来たと思っています。

というわけで2022年、もはやVTuberブームは下り坂、「何もしなくてもファンが増える時代」から「一生懸命頑張っても現状維持が精一杯の時代」へと変わっているんだろうな、と思う次第です。

-バーチャルユーチューバー

執筆者:

関連記事

馬越健太郎から見るバーチャルキャラクター業界

馬越先輩についてブログに書くのが流行りなので乗っかります。 もくじ1 馬越健太郎とは2 バーチャルキャラクターの表と裏2.1 「お約束」の存在2.2 裏にあるもの3 中と外のシンクロ性3.1 理想的な …

no image

キズナアイはNHKのノーベル賞解説の聞き役として適切である

もくじ1 問題の整理1.1 太田氏の提起する問題1.2 千田教授の提起する問題2 太田氏の問題への意見3 千田教授の問題への意見4 おわりに 問題の整理 NHKがノーベル賞解説コンテンツとして『バーチ …

no image

VTuberは既に保守運用フェーズに入ったのかもしれない

※この記事は全面的にグチです。 VTuber文化と技術 二年前、あるいは三年前、VTuberは新しかった。 まるでアニメやゲームの登場人物のような3Dキャラクターが飛んで跳ねておしゃべりをする動画がY …

no image

ゼ■プロ解散を受けて思ったこと

バーチャルユーチューバー事務所としては比較的古い方に属するZERO Projectが解散を発表しました。 【大事なお知らせ】この度ZERO Projectは2022年11月30日をもって解散となりまし …

no image

キズナアイちゃんと春日望さんと

去年の6月に始まったキズナアイ分裂騒動が、KizunaAI株式会社の設立によって終結しようとしてるな、と思うので、久しぶりにアイちゃんについてブログにします。 ブログを書くと長文になり気味なのでなるべ …