WordPress 自由研究

ロリポップサーバーで独自ドメイン+SSL対応したらちょお楽だった

投稿日:

三連休になにかやろうかな、と思ったので、とりあえず独自ドメイン+SSL対応しました。
元々ロリポップのサーバーだったので系列のサービスを使いました。
ちょお楽だったので作業をまとめておきます。

ドメインを取得する

なんといってもドメイン取らなきゃ。

ロリポップはGMOペパボ系列なので、同じ系列のムームードメインを使うと内部的な連携が取れててすっげぇ楽。
whoisにも情報が載らないので安心。
DNSもムームーDNSっていうのを使うと良いです。

取ったドメインをサーバーに紐付ける

ロリポップのユーザーページからドメイン名を入力して、先述のムームードメインのID/PWで連携したらなんのこともなく設定完了しました。
ドメインの反映に1時間ぐらいかかる、と言われましたが15分もあれば見れるようになりました。

とりあえずこの時点で独自ドメインでHTTP接続ができるところまで完了。

SSL対応

個人ブログなのでLet’s Encryptで十分なんですが、なんとロリポップにはボタンひとつでLet’s EncryptのSSL証明書を導入してHTTPS接続できるようになるとんでもなく便利な機能が付いてます。
バカでもできます。サルでもできます。
ユーザーページの「独自SSL証明書導入」からボタン押すだけ。

これでHTTPS接続に対応しました。

WordPress設定変更

このブログはWordPressなので、WordPressの設定変更が必要です。
WordPressにログインして、設定画面からURLを変更しときます。
あと、HTTP時代にパスワードが漏れていた可能性を考えて、新規パスワードへと変更しておきます。安全ですね。
以上です。

リダイレクト設定

せっかく独自ドメインでSSL対応したんだから、古いURLでアクセスされたら困ります。
古いURLからアクセスされた場合、新しいURLに誘導しないといけません。

今回はサーバー自体は移動してないし、ディレクトリ構成等も変えるつもりがないので、「移動しましたページ」みたいなのは用意できません。
.htaccessを弄って、ホスト名が古い場合はステータスコード301でリダイレクトするように仕込みます。

ロリポップにはオンラインでサーバ内のファイルを書き換える*ロリポップFTPなる機能があります。
https://lolipopftp.lolipop.jp/file/edit/root/.htaccess
にアクセスして、.htaccessの先頭に以下の行を追加しました。

RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^givemegohan.pigboat.jp
RewriteRule ^(.*) https://givemegohan.xyz/$1 [R=301,L]

内容はネットで転がってたパクりなのでいまいちわかりません。なんかそれらしく動くので良いです。
とにかくこれで、古いURLに来た人が自動で新しいURLへ移動するようになります。

正直今回の作業でコレが一番難しかったです。最難関でこの程度です。

googleアナリティクスのURL変更

このブログはgoogleアナリティクスで統計取ってます。
ここもURLを変更したほうがいいので変更します。
以上です。

おわり

これで作業終わりです。
待ち時間を入れても1時間あれば終わる内容で、とっても簡単ですね。
何も迷う部分がなく、難しい設定を入れる部分もなく、
独自ドメイン代が多少かかりますが、今時HTTP接続というのもイケてないので今時の若い子としてSSL対応したブログぐらい持っていて普通だと思います。
みんなも楽しいSSLライフを送りましょう。

-WordPress, 自由研究

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

C言語のポインタに関する補足説明

前回、C言語のポインタに関する解説記事を書きまして、そこそこの反響を貰うとともにいくつかの指摘を受けました。 前回の記事では幾つか「ウソではないけど真実と違う」記述がありまして、その点を補足としていく …

no image

MagicaVoxelでUnity用の人間モデルを作ろう(東北ずん子配布もあるよ)

もくじ1 概要1.1 目標1.2 手順1.3 作成モデル2 MagicaVoxel2.1 パーツ分割2.2 出力3 Blender3.1 インポート3.2 モデルの初期調整3.2.1 重複する頂点の削 …

まんがタイムきらら展のイラストボード一覧

まんがタイムきらら展面白かったですね! みなさんはイラストボード見ましたか? 撮影可だったので全部写真に撮りました!どうぞ!!!! 展示での配置は公式のツイートをご参照下さい。 せっかくですので、スペ …

no image

UnityのCompute Shaderに線分と三角形の衝突判定をさせる

はじめてCompute Shader使ってみた。でもあまり性能は出ないのでただの失敗の記録です。 まず元のアルゴリズムはコレ。 線分と三角形の当たり判定 – 富士見研究所 で、これをまず三角形の表裏問 …

no image

FIDOについてなるべく平易にまとめてみる

この記事は情報系の学生ぐらいの知識を想定しています。なるべく平易に書きますが、わからないことがあったら自分で調べながら読んでください。 話の枕 こないだ、Pixel 3aというGoogle製のスマホを …