バーチャルユーチューバー

Life Like a Live!良かったよねブログ

投稿日:

あーーー
Life Like a Live!良かったですねえええええええええええええ

本能だけでブログ書くよ本能だけで。

このブログでも何度も書いてるんだけど、VRアイドルが好きでねぇ。

ぶっちゃけ正直な話、VRアイドルって売り方ヘタだなって思う点がいくつもあるんですよね。
それこそ3年前に岩本町芸能社がVRアイドルという概念を作ったときからそういうブログを何度か書いてるんだけど(えのぐ最古参アピール)。

こういうのを待ってたんだよなぁ。っていうのが一番デカい。
というか、「どうして誰もコラボライブやらないんだよ!」って思っていたところに最高の形で出てきたのでもう最高。

これもやっぱり正直な話、いまのバーチャルタレント業界のなかで、バーチャルアイドルの存在って主流とは言えなくて、どうしても実況配信を中心とするVTuberに主流の座を奪われている状態ではあるんだけど。
やっぱりライブで主役張れるのはアイドルだよな!っていうのをすごい感じた。
歌って踊ることに全力を出してこそのアイドルだし、それができるのが、えのぐであり、まりなす(仮)であり、GEMS COMPANYであり、Palette Projectであり、ReVdol!であると思う。
この5組がやはり、今明確に「バーチャルアイドルをメインに活動している」と言える人たちだと思っている。

今回、それぞれのメンバーによるシャッフルユニットやシャッフル企画を通じて、企業の垣根を超えてゆるやかに連帯感が生まれたことは今後のバーチャルアイドル業界を見ていくなかでとても重要なポイントになると思う。
それを支えたのはテーマ曲としてのLife Like a Live!や、シャッフルユニット曲。これらが適当につくられた曲じゃなくて、かなり本気で作られた完全な「専用曲」として出てきたのは本当にすごかった。強かった。

主催側のまりなす(仮)はもうえるすりーに照準当てて新曲バンバンねじ込んでくるし。
えのぐも新衣装で豊富な曲と安定のパフォーマンスで圧巻、「アイドルってこういうヤツだぞ」っていう姿をきちんと魅せてくるし。
GEMS COMPANYも個性豊かなユニット曲と大迫力の全体曲で攻めてくるし。
パレプロはパレプロで各ユニット始動間もない中で堂々の大舞台、全体曲も9人初お披露目でエモかった。
リブドルは技術的な都合?で中継スタイルだったけど美麗な衣装と高いダンスパフォーマンス、そして良い歌。モーシィ可愛い。でもやっぱり同じ舞台に立ってほしかったね…。

あー メイン5組の話ばっかりしてもあれだね。他に出ていたいろいろなユニットの話もしましょう。
全員語るとすっごい長くなるからかいつまんで。

まず1公演目。
天使リリエル。個人勢でREALITY勝ち上がり組。「個人勢がここまでやるんだぞ」という、VTuber業界の底の深さを感じた。個人勢でもオリジナル曲があるし、歌って踊るし、衣装チェンジまでしてみせた。凄い。あと腹筋と食パンね。

次に2公演目。
VALIS。なんでも今回3D初お披露目らしかったんだけどダンスのキレがヤバい。世界観の表現とか歌唱力とかとにかく上手い。正直こんかい初めて見たんだけど、こういうユニットがしれっと埋もれて出てくるの、すごいっすね。ビビるわ。

3公演目。
温泉むすめ。出自が説明しづらいんだけど、今のところ観光庁が後援についてる温泉地の擬人化プロジェクト。VTuberではなくて、声優が声を当てて歌って踊るアニメキャラに近いポジションなんだけど、こういうキャラクターも同じ舞台に立って共演できるんだな!っていうのが、バーチャルアイドルの新しさだと思う。あ、今週末は初音ミクのライブもあるしね。

4公演目。
Shotgun Rose。さりげにスペシャルユニット枠なんだけど、このユニットもすごい。まりなすとホロライブとGEMS COMPANYのコラボ。全員歌うっまいんだよなぁ。ラジオから生まれたというか、別の企画用のユニットなんだけど、こういう越境ユニット好きなんだよなぁ。最終公演の日本烈島しかり。

5公演目。
アイドル部。正直言うとすこしナメてたところあるよね。だって日々歌ったり踊ったりしてないわけだし。半分棒立ちでカラオケするだけじゃねぇの?って思ってたところありました。反省。みんなきちんと曲持って歌って踊って客を煽って、なとなとに至っては衣装チェンジもやって、きちんとパフォーマーとして観客を魅了させてきたのは驚いた。「やるからには全力で取り組む」っていうプロ根性を感じました。ほんとうに申し訳ない。

ほんと、5公演すべて全然違うセトリでずっと楽しかった。上に書かなかった出演者も総じてみんな全力が伝わってきたし、どれも素晴らしいパフォーマンスだった。

これまで色々と燻ぶらせてきた各出演者の想いがあってこその大舞台だし、この大舞台を経て、バーチャルアイドルの世界がもっと発展すると良いな と感じました。

次はバーチャルTIFだああああああああ!!!!!

-バーチャルユーチューバー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

no image

VTuber業界で順当にのし上がる「星空学園」の存在

2018年11月22日 23時追記 この記事を書いた直後、アズマリムからの告発ツイートがあった。 そこで、アズリムちゃんが星空学園への移籍を強要されていること、それを拒もうとして「魂」の入れ替えまでほ …

no image

キズナアイはNHKのノーベル賞解説の聞き役として適切である

もくじ1 問題の整理1.1 太田氏の提起する問題1.2 千田教授の提起する問題2 太田氏の問題への意見3 千田教授の問題への意見4 おわりに 問題の整理 NHKがノーベル賞解説コンテンツとして『バーチ …

馬越健太郎から見るバーチャルキャラクター業界

馬越先輩についてブログに書くのが流行りなので乗っかります。 もくじ1 馬越健太郎とは2 バーチャルキャラクターの表と裏2.1 「お約束」の存在2.2 裏にあるもの3 中と外のシンクロ性3.1 理想的な …

最近萌えみのりの配信がマジで楽しい

いや皆さん、萌えみのりって知っとる?米じゃなくて。米なんだけど米じゃなくて。擬人化の方。 VTuberなんですよ萌えみのり。米米米っていう3人グループの一人なの。 動画貼っとくので、知らない人はこれ再 …

no image

コラボカフェとコメントと私

こんにちは!バーチャルYoutuber大好きぎんしゃりさんです! きょう、以前書いたキズナアイコラボカフェの記事にコメントが来たのでご紹介して、それに関わるお話をしていきますね。 元記事の要約 前回の …